Labor Hotline Support in Japan / 労働相談・ホットラインサービス

労働(ろうどう)条件(じょうけん)相談(そうだん)ホットライン
Labor Standard Advice Hotline.

公式ホームページ:労働条件相談「ほっとライン」/ Labor Standard Advice Hotline

厚生労働省(こうせいろうどうしょう)が、外国人労働者(がいこくじんろうどうしゃ)の方(かた)へ『労働(ろうどう)相談(そうだん)のホットライン』サービスを無料(むりょう)で提供(ていきょう)しているので紹介(しょうかい)します。

労働(ろうどう)にかんする相談(そうだん)、不安(不安)があれば電話(でんわ)してみましょう。無料(むりょう)で相談(そうだん)を聞(き)いてくれます。

In this site, we will share the Ministry of Health, Labor and Welfare’s hotline service.This is to support foreign residents with their concerns and inquiries regarding work.

This is a free service available in Japanese, Chinese, Portuguese,Spanish,Tagalog, Vietnamese,Burmese and Nepali.


参考:労働基準法 / Labor Standard Act

どの言語に対応していますか / What languages are available?

固定電話(こていでんわ)、携帯(けいたい)、PHSから連絡(れんらく)可能(かのう)
Accessible from landlines, mobile phones and PHS.

<対応時間(たいおうじかん) / Open Hours >
・平日(へいじつ)Weekdays: 5pm to 10pm
・土日(どにち)Weekends:9am to 9pm

Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun Phone
Japanese 0120-811-610
English 0120-004-008
Chinese 0120-150-520
Portuguese 0120-290-922
Spanish 0120-336-230
Tagalog 0120-400-166
Vietnamese 0120-558-815
Burmese 0120-662-700
Nepalese 0120-750-880

*12月29日ー1月3日は休館(きゅうかん)です。
They will be closed during the period from December 29th to January 3rd.

誰が対応しますか
Who will be answered your phone call ?

法令(ほうれい)の専門(せんもん)知識(ちしき)がある、専門員(せんもんいん)が対応(たいおう)します。

厚生労働省(こうせいろうどうしょう)が、株式会社東京リーガルマインドに委託(いたく)している事業(じぎょう)になります。「労働条件相談ほっとライン」よりあなたの事業場(じぎょうば)に指導(しどう)などはできません。

あなたの話(はなし)を聞(き)いて、どのような対応(たいおう)ができるか、相応(そうおう)しい相談機関(そうだんきかん)はどこかなどを教(おし)えてくれます。

You can talk to a consultant who has knowledge of Labor law and experiences.

This hotline support service has running by TOKYO LEGAL MIND K.K. which has an outsourcing agreement with Ministry of Health, Labor and Welfare.They can’t do any direct guidance to your workplace. However, after they consulted with you, they will give you advice and information about an institution that can support you.

悩みや不安、疑問を減らすお手伝い
Help you reduce your concerns and worries.

  • 不当な時間外労働(じかんがいろうどう)過重労働(かじゅうろうどう)
    Illegal overtime work  and  overwork
  • 時間外労働、過重労働による健康障害(けんこうしょうがい)
    Caused Health problems due to overtime work and overwork.
  • 残業代の未払い
    Unpaid overtime work

下記の事項に関しては、専門の相談窓口を案内してくれます。
Regarding the below concerns, they will introduce you another authorities to talk with.

  • 職場でのいじめ / Bulling in workplace
  • セクハラ / sexual harassment
  • パワハラ / Abuse of authority
  • マタハラ / workplace discrimination against pregnant women

誰が利用できますか
Who can use this service?

  • 労働者、経営者の方誰であっても利用できます。
    Both employee and employer can use
  • 日本どこからでも利用できます。
    Call from everywhere in Japan
  • 匿名(とく名)での相談(そうだん)も可能(かのう)です。
    Can use this as anonymously.

まとめ
Conclusion

それぞれの県(けん)に労働局(ろうどうきょく)があります。直接(ちょくせつ)行く方法(ほうほう)もあります。

東京(とうきょう)は、 外国人労働者相談コーナー  がありますが、「事前(じぜん)予約(よやく)が必要(ひつよう)」となっています。ホームページを確認(かくにん)してからいきましょう。

ホットラインサービスを利用(りよう)して、『労働条件(ろうどうじょうけん)』の確認(かくにん)をしましょう。その上でアドバイスされた機関(きかん)に行(い)くのがよさそうです。

Each prefecture has Laborer Bureau and you have a choice to go there directly but like Tokyo, they ask people to make a reservation for a consultation beforehand.

As one of easy septs to use this hotline service would be useful to know if your work condition is legal or not. After you confirm your situation, you can go to the institution that was advised.

残念なことに、日本には法律を守っていない企業があります。これは外国人に限らず、沢山の日本人が悲しい思いをしている現実があります。日本人で、会社を訴える人、是正を求める人はいますが、全体からみるとかなり少ないと思います。

この為、正しく残業代が払われなかったり、パワハラが日常的に行われていることがあります。文化が違う中で、闘うのはとても大変なことだとは思いますが、まずはある手段を使って、相談してみましょう。